01/社員インタビュー

  • ホーム > 
  • 01/社員インタビュー

先輩社員の紹介

薬剤師:三上 晋治

勤務年数:7年目
現在の所属店舗:さいわい町オレンジ薬局

普段の業務・役割

普段、どんなお仕事をされていますか?

薬剤師である私は、医師が出した処方箋に基づいて薬を調合する「医薬品の調剤」と患者さんに薬をお渡しする「服薬指導」がメインとなる仕事です。患者さんの健康と生活をサポートしています。

また、かかりつけ薬剤師として、定期的に患者さんへの健康管理や在宅も担当しています。

さいわい町オレンジ薬局の薬局長を務めており、売上や薬局内の環境作りなどの店舗管理、後輩指導も担っています。

薬剤師という仕事について

この仕事をはじめたきっかけはなんですか?

幼少のころに通院した病院や薬局で、医療従事者の方々と接する機会があり、「医療」に興味を持ちました。

患者さん一人ひとりに合わせて、不安を取り除けるように、丁寧に接してくれた薬剤師さんの記憶が残っています。

そんな薬剤師さんに出会うことができた経験も大きいと思います。

自分自身の経験をもとに、もともと興味のあった医療従事者として働きたかったこと、知識と資格を取得し、自信を持って仕事に向き合いたかったことも相まって、薬剤師の道を決めました。

仕事のやりがいを教えてください

患者さんと接する機会が多いという点で、仕事へのやりがいを感じるシーンが多いです。

たとえば、お体のことで不安になっている患者さんから悩み相談をされる機会が多いこと。

その方が健康になり、感謝の言葉をいただけた際は、薬剤師としてとてもやりがいを感じます。

薬局長としてのポジションとしては、後輩社員が自立していく姿を見られることが1番のやりがいです。

患者さんへ真摯に対応している姿や、後輩ができたときにしっかりと指導している姿を見られたときは、とても嬉しく思います。

仕事上、大変なことはありますか?

当薬局は場所柄、さまざまな診療科の患者さんが多くいらっしゃいます。

そのため、必要となる薬剤は多種多様であり、それらの知識を正確に身に付け、準備し、提供していく必要があります。

体調を崩されている患者さんへの対応は、より一層慎重に行う必要がある仕事です。

日々責任感をもち、仕事と向き合っていくことが、薬剤師として大変なことでもあり、やりがいへつながることであると感じます。

後輩社員への指導については、感情的にならないように注意しながら業務を行っています。

狭い薬局なので場の空気を大切にしながら、みんなが働きやすい環境を維持することも私の仕事だと考えています。

 

いまいメディカルグループについて

どんな会社ですか?

横の繋がりが強く、社員の意見を聞き入れてくれる風通しの良い会社だと思います。

入社当時は店舗も少なかったこともあり、社員同士、和気あいあいとしたアットホームな会社という印象がありました。

店舗が増えるにつれて会社運営にも変化はありましたが、都度体制を立て直し、社員や患者さんのために、より良い方へと考えてくれる柔軟な会社だと思います。

求職者の方へメッセージ

どんな方と働きたいですか?

患者さんを第一に、自ら考え行動できる人材です。

どの職種であっても、医療従事者として地域や患者さんにできることを常に考え行動することは大切だと思います。

その言動が一緒に働く仲間として周りの士気を高め、お互いに切磋琢磨していけることと思います。

皆さんと一緒に働ける日を、楽しみにしています。

TOPへ戻る
ENTRY